よくあるご質問

トップページ基金を知りたい方へ > よくあるご質問

加入に関する質問

Q01.

国民年金基金には誰でも加入できますか?

A01. 国民年金基金に加入できるのは、20歳以上60歳未満の自営業やフリーランスの方など国民年金第1号被保険者及び、日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の任意加入の方です。サラリーマンなどの方(第2号被保険者)やその被扶養配偶者(第3号被保険者)の方は加入できません。また、 第1号被保険者の方で、保険料納付の免除(一部免除・学生納付特例・納付猶予を含む)を受けている方も加入できません。
(ただし法定免除の方が、国民年金保険料を申し出により納付されている場合は加入できます)
Q02.

加入した後、国民年金基金をやめたくなったらどうすればいいのですか?

A02. 国民年金基金への加入は任意ですが、いったん加入すると次の喪失事由に該当しなければ、ご自分の都合でやめる(脱退)ことはできません。ただし、サラリーマンなど第2号被保険者や第3号被保険者になったり、国民年金保険料の免除や猶予を受けることになった場合は、国民年金基金の加入資格がなくなります。なお、掛金の支払いが困難になったときは、一時的に口座引落しを停止することができます。
<以下の場合に、喪失(脱退)します>
  • 60歳になったとき<
  • 65歳になったとき(60歳以上で加入したとき)
  • 国民年金の第1号被保険者でなくなったとき (会社員や公務員(第2号被保険者)や被扶養配偶者(第3号被保険者)になったり、海外に転出したとき)
  • 国民年金の任意加入被保険者でなくなったとき (60歳以上で加入したとき)
  • 県外の都道府県に転出したとき転出先の基金に3月以内に申込めばこれまでの掛金額で継続できます。
  • 国民年金保険料の免除(一部免除・学生納付特例・納付猶予を含む) を受けたとき
    (※法定免除の方が国民年金保険料を、申し出により納付されている場合を除く)
  • 農業者年金に加入したとき
  • 加入者本人が死亡したとき
Q03.

上記理由で国民年金基金を喪失した場合、それまで納めていた分の掛金はもどってきますか?

A03. 国民年金基金を喪失した場合、解約返戻金の制度はありません。しかし、喪失されるまで支払った掛金は、65歳(III型、W型、X型は60歳)から年金としてお受取りになれます。掛捨てにはなりません。
Q04.

住所・氏名が変更になったのですが、どうすればいいですか?

A04. 県内異動の場合は、「住所変更届」を、県外異動の場合は、「資格喪失届」をご提出いただく必要があります。
<氏名が変更になったとき>
「氏名変更届」をご提出いただく必要があります。
その際、氏名が変わったことを確認できる書類(健康保険証のコピー等と加入員証)を添付していただく必要があります。

掛金に関する質問

Q05.

加入後、掛金が払えなくなった場合は?

A05. 国民年金基金に申し出ていただくと、一時的に口座引落しを停止することができます。また、掛金の納付はいつでも再開することができます。
Q06.

掛金支払いが苦しくなった場合は?

A06. Q9のように2口目を「減口」することができます。Q5の「掛金の停止」もできますので無理なく続けられます。
Q07.

掛金はいくらですか?

A07. 国民年金基金の掛金は、年齢や性別、年金の型などにより異なります。
詳しくは「国民年金基金とは」の「掛金は?」をご覧ください。
Q08.

掛金をまとめて払えますか?

A08. 掛金は「前納」したり「一括納付」することが出来ます。4月から翌年3月までの掛金を「前納」すると、年間で0.1ヶ月分が割引かれます。
また、その年度の複数月を「一括納付」することもできます。
この場合は、割引きはありません。
Q09.

掛金の増口や減口は途中でできますか?

A09. 1口目は加入の基本ですので変更することはできませんが、2口目からはいつでも増やしたり減らしたりすることができます。(前納者の減口の場合は年1回4月に限ります)1口目と2口目以降の合計額は月額68,000円が上限です。ただし、確定年金の年金額が終身年金の年金額(1口目を含めた額)を超えることはできません。
Q10.

掛金は税金の控除対象になりますか?

A10. 国民年金基金の掛金は全額が社会保険料控除の対象となります。たとえば、掛金の最高限度月額68,000円で加入した場合、年額816,000円(夫婦で1,632,000円)全額が社会保険料控除の対象になり、申告によって所得税・住民税が軽減されます。
Q11.

掛金は毎年上がりますか?

A11. 掛金が年々上がることはありません。加入時の掛金額のまま将来も一定ですので早く加入した方が掛金の負担が小さくなります。

給付に関する質問

Q12.

年金を受け取る前に死亡したらどうなるのですか?

A12. 終身年金B型以外の終身年金A型および確定年金I・II・V・W・X型には「保証期間」があり、死亡当時生計を同じくしていた遺族の方へ“一時金”をお支払いします。年金受給前に亡くなられた場合は、掛金額と納付期間に応じて計算した一時金をお支払いします。年金受給中に亡くなられた場合は、死亡時から残りの「保証期間」に応じて計算した一時金をお支払いします。
Q13.

受け取る年金には税金がかかりますか?

A13. 国民年金基金の年金は、税法上雑所得とされ課税対象となっておりますが、国民年金法に基づく公的な年金ですので、公的年金等控除が適用され、税金が安くなったり、かからなくなったりします。
遺族一時金には、税金はかかりません。