節税対策もばっちり

トップページ基金を知りたい方へ > 節税対策もばっちり

国民年金基金とは?

財布のイラスト国民年金基金の大きな特徴のひとつが「社会保険料控除」です。民間の個人年金や金融商品、銀行などに積立預金をするのも1つの手段です。しかし、国民年金基金と他の商品と一番大きく違うのが『掛金を全額所得控除できる』という点です。
国民年金基金は、老後の年金を積立ながら、節税対策ができる年金なのです。

国民年金基金はなぜ必要なの?

生命保険会社などの個人年金の保険料も控除の対象となりますが、国民年金基金と民間の個人年金とでは控除できる金額が違います。生命保険会社などの個人年金は、年間5万円まで(平成24年以降契約は保険料の4万円まで)所得から控除できますが、国民年金基金は、年間最大81万6千円まで控除することができます。

もちろん、生命保険会社の個人年金には、いろいろなタイプのものがあるので、ニーズに合わせ、ご利用されるとよいでしょう。
国民年金基金は、将来の老後の生活資金を準備しながら、今は「所得税や住民税が安くなる」という2重のメリットがあります。

メリットは?

国民年金基金 掛金が全額(最高816,000円まで)
民間の
個人年金など
保険料の5万円までが対象 平成24年以降の契約は
保険料の4万円までが対象
貯金・預金 対象外